ハッピーメールはパコれるのか?メリットやデメリットを紹介!

ハッピーメールのメリットとデメリット

サイトのトップページで、20代中盤~後半と思われる女性が登場するCM動画が流れています。

他サイトと差別化するためなのか、20代や30代の独身女性の恋活、婚活に力を入れているようです。

とはいえ、老舗で国内最大級の会員数を持っていますので、10代や40代、50代の会員さんも多いですからご安心ください。

ハッピーメールを使うメリット

1.目的に合った女性を探しやすい

アダルトな出会い用の掲示板では、

「すぐに会える人を探す女性」「体だけの関係を求める彼氏(旦那)持ち女性」「電話エッチやエロ写メ交換の相手を探す女性」「アブノーマルなプレイの相手を探す女性」

など、細かいジャンルに分かれていますので、目的に合わせて女性を検索することが可能となっています。

2.大人の女性が多いのですぐに体の関係に進みやすい

18、19歳の女性が相手だと、食事やカラオケに連れて行き、機嫌を取りながらホテルへ誘う機会をうかがうというパターンが多いですよねw

その点、ハッピーメールは出会ってすぐにエッチできた!、セフレとしてキープしながら他の相手を探しています、という男性の報告が多いのが特徴。

20代半ばから30代後半の大人の女性が好きな人には、特にオススメできるサイトです。

3.会うまでのお金がそれほどかからない

これは上の「大人の女性が多い」に関連するんですが、1日一回掲示板へ無料投稿できるので、それを利用すれば平均すると200pt弱(2,000円)で会うことが可能です。

他サイトだと、300pt(3,000円)というのが一般的なので積極的な女性会員が多いと言えますね。

ハッピーメールを使うデメリット

1.男性会員の割合が多すぎて出会えない?

運営元の発表によると、ハッピーメール会員の男女比は7:3となっています。

男性からすると「競争相手が多くて会えないんじゃないか?」と不安に思うかもしれません。

しかし、ハッピーメールのアクティブ会員数は約800万人ほどですので、単純計算で約240万人の女性がほぼ毎日利用していますから、チャンスは十分にあります。

また、大手出会い系サイト共通の悩みともいうべき「援デリ業者問題」に対しては、業界随一の監視体制で常にチェックしています。

女性会員から、

「今から会えませんか?」「今日はいっぱいイチャイチャしたい気分。」「ワタシのLINE(メールアドレス)は○○○だよ。直接連絡取りたいです☆♪」などと、いきなり援助交際を匂わすメールが届いた時は、すぐに運営元へ通報してください。

絶対に相手にしてはいけません。業者だけでなく、アナタも罰せられる可能性がありますよ。

サイト登録までの流れ

1 ハッピーメール公式サイトへ

 

→ハッピーメールへのリンクはこちら!

2、新規登録ボタンを押す

中央の「無料で始める」ボタンをクリックします。

次に自分の性別を選ぶ画面になるので自分の性別に当てはまるボタンをクリック。facebookアカウントで登録したい方はfacebookではじめるボタンをクリック。

 

 

3、必要事項を入力

性別を選ぶと必要事項の入力画面に切り替わります。

・居住地

・年齢

・ニックネーム

これらを入力します。ちなみにここで設定した居住地以外の場所でもプロフィール検索は可能です。

 

電話番号と暗証番号を入力します。入力出来たら確認画面へをクリック。ちなみに簡単に取得できる050番号は登録できないので注意しましょう。

 

4 電話番号認証

 

電話番号が正しく使えるものかをチェックするための認証です。

どちらか好きな方法で認証しましょう!

認証ができれば「登録完了する」ボタンを押せば登録完了です。

5 年齢確認

登録が完了しましたら、「年齢確認」を行ってみましょう。

年齢確認をしませんと、サイト登録はできても機能を利用することはできません^^;

「18歳未満」でないことの確認や実在している「本人確認」しているので、ワクワクメールでは、安心して女性と出会うことができるわけです。

少し面倒ですが、年齢確認を行うと、無料ポイントももらえるので、無料で出会えるために、年齢確認をしてください。

大手サイトだけに個人情報が漏れることもないので安心してくださいね。

 

 

まずマイページから年齢確認ボタンをクリックします。

 

 

書面による確認かクレジットカードによる確認、どちらかを選びましょう。今回は書面申請でのやり方を紹介します。

 

 

書面申請に使える書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 学生証
  • 年金手帳
  • 診察券
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 卒業証書
  • マイナンバーカード
  • その他の身分証明書類

 

発行者名や生年月日、身分証明書の種類を確認できないとハッピーメール側に申請を却下されてしまいます。

逆に言えば、その3点さえ確認できれば年齢確認は認証されるので、スマホなどの画像加工アプリで不要な情報は塗りつぶすなどの対策をしましょう。

下の画像はよく使われるであろう健康保険証で不要な情報を隠したものです。右下のはんこが発行者名を示したものです。

 

「画像を送信」ボタンを押して身分証明書の写真を選び年齢確認は終了です。夜間以外であれば5分以内に返信があり合否が判断できます。

認証されれば無料ポイントが追加されますので、さっそくサイトで遊んでみましょう!

 

→さっそくハッピーメールで遊んでみる

 

おすすめの記事