メルパラはヤレるのか?メリットやデメリットを紹介

メルパラの概要

まずミントC!Jメールと運営会社が同じなので、サイトのデザインも似通ってます。

会員数はJメールよりも少ないですが、メール以上にアダルトな出会い目的で利用している人が多いのが特徴。

しかも、利用料金がかなり安くてお金をかけずにエッチの相手を見つけたい!彼女(奥さん)に内緒でこっそり遊びたい!という人にはオススメできる隠れ家的なサイトです。

メルパラを使用するメリット

1.料金の安さは業界随一

他サイトだと掲示板や女性のプロフィール画像の閲覧にポイントがかかるところが多いですが、メルパラはなんと無料に設定されています。

メッセージを送るには6pt(60円)はかかりますが、全体的に無料で使える機能が多くかなり安く遊べます。

他の競合大手と同じ料金だと使ってもらえないから、という考えでしょうがユーザーにとってはありがたいですね。

2.会員数のわりに女性が多い

「ハッピーメールやイククルみたいな大手だと、知り合いにバレるかも」という心理が働いてるのか、知名度のわりに女性会員が多く利用しています。

「あんまり期待してなかったけど、予想以上にエッチ目的の女性が多かった。」という報告も多数受けています。

3.九州(とくに福岡や熊本)の会員数が多い

運営会社の「エムアイシー総合企画」は、福岡でテレクラ、ツーショットダイヤルを運営しており、そこのユーザーをメルパラへ重点的に流し込んでいます。

そのため、女性会員のエッチ度はかなり高め。セフレや即ヤリ目的の男性には理想的なサイトですが、恋人探しや婚活など真面目な出会いを希望する人にはあまり向いていません。

メルパラのデメリット

1.業者やキャッシュバッカーが多め

サイトの監視が緩めということもあり、援デリ業者やキャッシュバッカーが多いという口コミもあります。

しかし、いきなり援交を持ちかけてくるサクラ、だらだらとメールのやりとりを続けるお小遣い稼ぎの女性は、すぐに見分けがつきますのでそれほど心配はいりません。

2.地方の女性会員が少ない

大手サイトと比較すると、九州や東京、大阪、名古屋などの大都市以外では会員数が少ない印象が見受けられます。

しかし、ライバルとなる男性会員も少ない上に女性の割合が高いので、気に入った女性にメールを送ってみるとすんなり出会えてエッチできた、という成功談も数多く寄せられています。

サイト登録の流れ

1 メルパラのサイトへ飛ぶ

→メルパラのサイトへ

2 プロフィールを登録

トップページで自身の性別を選択します。

 

必要事項を入力します。入力し終わったら「規約に同意して送信」ボタンをクリック。

 

メールを送信して届いたメールのURLを開いたら登録完了です。

 

3 年齢確認

次に年齢確認を行います。
年齢確認をしないと、サイト登録はできても機能を利用することはできません。
「18歳未満」でないことの確認や登録した人間が実在してるのか本人確認をしているので
メルパラでは、安心して女性と出会うことができるわけです。
少々、面倒ではありますが、年齢確認を行うと、無料ポイントももらえるので、無料で出会えるためにも、年齢確認を行いましょう。
大手サイトだけに個人情報が漏れることもないので安心してくださいね。

 

まずトップページから「18歳以上の申請をすると60ptをプレゼント」のバナーをクリック。

 

身分証明書かクレジットカードで年齢確認を行うのですが、クレジットカードでの確認では決済を行い年齢確認を行うという都合上、100円分のポイントを購入する必要があります。もちろんポイントはメルパラで使えるものなので安心してください。

今回は所持している人が多いであろう身分証明書での確認について小委介していきます。

 

メルパラで年齢確認の際に使える身分証明書は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 社員証
  • 診察券
  • 住民票
  • 戸籍謄本
  • 印鑑証明書
  • 卒業証書
  • 健康保険証
  • 学生証
  • 年金手帳
  • 定期券
  • 住民基本台帳カード
  • 戸籍抄本
  • 身体障害者手帳
  • 資格・検定証

 

メルパラでは上記の画像の通り

  • 生年月日
  • 書類の名称
  • 発行減の名称

この3点が確認できる身分証明書であれば申請が受理されます。

なので必要となる情報以外はペイントアプリなどで不要な情報を塗りつぶしておきましょう。

 

 

ファイルを選択してアップロード開始を行い確認ボタンを押します。

5分以内に年齢確認完了のお知らせがメルパラから来たら年齢確認終了です。お疲れさまでした。

メルパラでお気に入りの異性を見つけましょう!

 

おすすめの記事